INFORMATION

お知らせ

3か月

約束の日に一日遅れちゃいました。

草刈りフェスティバルで盛り上がっておりました。

劇的な変化が見られますよね。

稲穂が出揃い、頭を垂れ始めました。

こちらでは「クンづく」と言います。

籾の中身は、始めは液体の状態なんですよ。

光合成によって養分を溜め込み、液体の量を増やし、より大きな粒になれます。

そして、固まっていきます。

出穂から積算温度1000度で収穫を迎えると言われています。

一日の平均気温を20度とした場合、50日で熟する。

という計算ですね。

南国宮崎はもうちょっと平均気温高いかもなので、50日より短いかもですが。

今15日くらい経過したでしょうか?

あと約一カ月で収穫予定。

田植えの前から、収穫できる日をよだれ垂らして待ちこがれていました!

しかしながら梅雨の戻り。

今、太陽の力が必要なんですが、顔を出してくれません。

恥ずかしがらずに、サンサンと降り注いで頂きたいです。