INFORMATION

お知らせ

あむあむ

月に2回の健やか農民便りのお時間です。

稲刈り後、2回目の耕耘をしています。

宮崎は早期水稲地域ですので、稲ワラ処理が比較的良好に進みます。

気温、地温が高いうちに処理すればですがね。

他県の普通期は今頃稲刈りでしょうか?

涼しい季節に稲刈り、精米所ができると思うだけでうらやましい。

早期の宮崎は、稲刈り時期は40度近いですもの。

日本は広いですよね~。

こちらは南国の特性を活かした処理をして、来作もおいしいお米を作りたいと思います。

そして、耕耘中は鳥の群れに襲われます。

写真時はカラスが襲来していましたので、シロサギは遠慮がち。

奥の田んぼにはカラスが100羽ほどいました。

そして、カエル、ミミズ、バッタなどを食べております。

食物連鎖。

キレイな田んぼを作ることで、カエル、ミミズなども多く生まれます。

そして秋には鳥のエサになっている。

トラクターの上からカエルたちに

「がんばって逃げろ~」

と応援している今日この頃です。

しかし我が家だけ?

シロサギよりもカラスの方が多く集まります。

土の状態で変わるのかな?

バッタが多いとか、カエルが多いとかで変わるのかも知れませんね。